目を疑った・・・

2018.01.06 Saturday 19:43
0

     

    Aitendo という中国製品のパーツ等を販売している店から、18バンドDDSラジオキットを

     

    購入し昨夜届き早速中身をみて唖然とした。

     

    何故なら国内であれば親切過ぎるくらいな心配りがされているのだが、今回はまったくそれが無い

     

    回路図も実態配線図もパーツ表も全く見事に無いのである。

     

    どうやって組めばいいのか? プリント基板には抵抗値やコンデンサー類には表示があるがこれ

     

    だけで組むことはできるかも知れないが、セットの扱いが全く分からないのである。

     

    これはかなり難儀である。ICの基本動作などからネットで調べていくしかなさそうである

     

    また外部接続のパーツは全く無いためそれらもチェックしないと

     

     

     

    こんなもんかな!

    2017.12.20 Wednesday 17:53
    0

      JUGEMテーマ:アマチュア無線

       

      今日ようやく自作ラジオが出来たが、今まで電波教室で作っていたものと大差はない。

       

      今イヤホーンで聞いているのがスピーカーでも聞けるようにしただけのものであり、こんな

       

      ものであろう。

       

      やはりダイレクト受信では何度作っても同じであろう。ネットで色々検索したが今度はICは使うが

       

      スーパーラジオで無ければ受信感度も選択度もやはり悪いという事である。

       

      年末までには何かまた作ってみよう

       

      今朝は良く冷えマイナス1.5度と年内一番良く冷えたのかな?今年はやっぱり寒い!

       

      スカイプ仲間が

      2017.12.18 Monday 20:47
      0

        JUGEMテーマ:アマチュア無線

         

        50年も前の出来事を懐かしむ話になり、当時アマチュア無線を始めるきっかけが同じラジオ

         

        の製作だった事から、当時の鉱石ラジオは今では無理

         

        次にゲルマニュームと言う検波器が当時結構高く売られていたが、それを買い求めラジオを

         

        作ったのだが、当時を思い出し今この時期作ってみようとパーツ箱を探す事1時間

         

        なんとか2本見つかり作ってみようとしたが、肝心のイヤホーンが見つからず、今売られている

         

        イヤホーンではなく、セラミック(クリスタル)イヤホーンと言う物

         

        作るのを断念、それに変わる100円ショップでも売られているイヤホーンを使うにはトランジスター

         

        若しくはICでのアンプが必要とされる為、そのIC等を探しパーツはなんとか揃った

         

        明日にでも作ってみることにする。

         

        一人でやっていても張り合いがないが、スカイプ仲間が話だけでも今は対応してくれる

         

        何故かこれが嬉しいというか楽しく昔のようなワクワク感がある。

         

        千光寺山の北側

         

         

         

        物足りなくて!

        2017.12.13 Wednesday 20:24
        0

          JUGEMテーマ:アマチュア無線

           

          昨日作った1IC+3石のラジオだが、ただ半田付けに終ったという気がするだけで作ってみて

           

          全く面白くなかったと言うのが本音であり、以前CQ誌の切り抜きの中で取っておいた回路、これが

           

          12Vの供給電源で真空管とICなど組み合わせ短波帯の受信機製作の記事を見つけた。

           

          これは基板作りから始めなければ出来ないが、ここは省略し別ラインで組み立ててみようと、パーツ

           

          探しから初めた。 これがまた結構時間がかかる。なぜなら目が薄くなり抵抗やコンデンサーの表示

           

          が明るい所でルーペ持参でなければ全く見えないからである。

           

          少しは見つけられたが、なかなか時間がかかりそうであるが、これが何故か楽しい

           

          と言うわけで今日は、年賀状どころか朝から寒い一日だったが、殆ど部屋の中にこもってしまった

           

          故、ウオーキングも休んでしまった。  昨日作った中国製のラジオがこれです。

           

          ヤフオクで買ったが!

          2017.10.10 Tuesday 21:12
          0

            JUGEMテーマ:アマチュア無線

             

            古い無線機を買ったが、やはり何かが抜けている

             

            それを補給するには、後から結構金がかかりそうである。

             

            その為在庫品で補うように改善する手もあるのだが、何処かを犠牲にするようになる

             

            完全復旧するには時間がかかりそうである

             

            先ず無線機の回路図からネットで探すがなかなか見つからず、やっと見つけたが英語表記

             

            の物が見つかった。最も回路図さえあればなんとかなる

             

            30年から40年前の無線機だが復旧させたいですね。オリジナルに変える手もある

             

            昔は作っては壊し作っては壊す。納得いくまでやっていた時代が懐かしい

             

            結構楽しいですよ!

             

            何故か今朝は快晴で随分と明るく感じられたコースを一周後の5時40分

             

            昔の無線機

            2017.10.07 Saturday 21:25
            0

              JUGEMテーマ:アマチュア無線

               

              今朝ヤフオクで40年前の無線機が届いた。

               

              実はこれを改造し短波帯の昔の電波形式が最近見直されている為、これをやってみたくて

               

              購入に至ったわけですが、入札後良く見れば水晶片が全て抜かれているではないですか!

               

              これは一寸早まったですね、その為もう1件再度入札に至ったと言う事です

               

              これも本日遅い時間になると思うが落札出来るかどうかですね 2個1で出来ればいいかな?

               

               さて本日は12時から後輩の葬儀に昔のアマチュア無線仲間と4名で出掛けました。

               

              今日も亡くなられた経緯は明かされませんでしたが、家族も突然な事で言葉も少ない

               

              見送りを終え帰宅は2時、軽い昼食を取りヤフオクで送られて来た無線機の改造に取り組む

               

              測定器など久しぶりに出しそれらの確認作業から始めることとなる。

               

              時間は十分あるのでゆっくりやる事にしたい。

               

              今実を付けてるパッションフルーツ3個あるのですが分かりますか?

               

              懐かしいFL-50B受信機

              2017.09.28 Thursday 19:59
              0

                JUGEMテーマ:アマチュア無線

                 

                数日前から3台の昔の真空管アマチュア無線用受信機をチェックしていたのだが、今日は

                 

                真空管だけでないハイブリッドの受信機をチェックして、改めて驚いた。

                 

                これは現代でも十分と実用になる受信機だと関心したのである。

                 

                当時としては画期的な受信機となったのではないだろうか? 

                 

                2台の受信機はオール真空管であったがSSBという電波形式の受診するにはかなりの時間と

                 

                調整が必要であったが、今日何気なしに八重洲無線というメーカーが徐々に力をつけ始めた

                 

                頃の品物であり、それを本日電源を入れた瞬間に今まで色々調整していたものが全く調整なし

                 

                で受診出来たのである。

                 

                これは現在使用している通信機と変わりなくまた信号に応じて電流計もちゃんと追従している

                 

                のであり、今回振幅変調(中波ラジオと同じ)通信をやろうとする受信機に使用したい。

                 

                この受信機と同シリーズでSSB送信機というのが出ていましたが、更にその前期の無銭機を

                 

                ヤフオクで探してみたが無さそうなので現在ある無銭機を改造する事にするか、同シリーズの

                 

                品物を探すか考えてみたいと思う

                 

                今日の株取引 デイトレで負け無し¥77600の利益となった。やっぱりこれにしないと!

                 

                今日チェックしたアマチュア無線通信形受信機

                 

                50年前の受信機

                2017.09.25 Monday 19:51
                0

                  JUGEMテーマ:アマチュア無線

                   

                  7Mhzの周波数帯の上限付近でAM(振幅変調)の電波で交信している無線局が多く見られる

                   

                  ようになってきましたので、自分もチャレンジしようと一時期使用していた50年以上前の受信機を

                   

                  取り出し受診してみたが、なんと感度が悪いし又選択度も悪い。

                   

                  最近の無線機とは大きな違いがある。こんな無線機で交信していたのかなと改めて実感した

                   

                  しかし当時としては、殆ど似たり寄ったりの無線機でお互いに交信していたと思う

                   

                  少し手を加えて実用できるかと色々つついては見るがさほどの変化は見られないようだ。

                   

                  しかし、昔はそれで交信していたのであるから、どうしても再現させてみたい。

                   

                  また送信機も同時に再生させたいと考えています。

                   

                  CQ誌

                  2017.09.21 Thursday 21:24
                  0

                    JUGEMテーマ:アマチュア無線

                     

                    先月から定期購入を始めたアマチュア無線雑誌である CQ 

                     

                    最近真空管の記事が連載で載るようになり、昔懐かしい回路図などが載っているようになり

                     

                    また短波帯では7MHzでは以前は100Khzの間に多くの無線局がいましたが200Khzと倍の

                     

                    巾となるなどまた、無線局も減りつつある中で隙間がみられるようになり、最近では戦後中心

                     

                    であったAM(振幅変調)現在のAMラジオの方式が運用されるようになった事から、近年、自作

                     

                    派の方が多くでられるように成ってきた。単に交信しレポートを交わす現代のやり方と違い製作

                     

                    に関する所謂、技術的なレポートなどゆったりとした交信が改めて見直されているようです。

                     

                    多くは昔の自作派であり、本来の間チュア無線技士でいい傾向である

                     

                    小生も時々その場に参加し、色々な技術情報を交わす事から再び以前作った無線機を再び作って

                     

                    みようと思うようになりつつある。これもまた楽しみである

                     

                    パーツは殆どあり、後はやる気? だけですね・・・

                     

                    ゴマ粒ほどだったドラゴンフルーツ結構大きくなりました。

                     

                    7MHzのA3電波発信源

                    2017.07.31 Monday 19:52
                    0

                      JUGEMテーマ:アマチュア無線

                       

                      電波伝搬が今一、台風の影響と思うが7MhのA3電波コンディションが安定しない今日であった

                       

                      がそれを聞きながら先日注文していたDDSキットが届きこれを製作する

                       

                      送信機の周波数は安定でなければならず、そのため開局当時は最も優秀とされた水晶片だが

                       

                      近年はこれに変わるDDSという元になる水晶片一つで必要とさっれる周波数をデジタル回路で

                       

                      どんな周波数でも再現できるというものである

                       

                      かなりの照明が必要でまた拡大鏡使いショボショボの目で半田付けはかなり疲れる。

                       

                      でも大半は製作されていてなんとか完成 思うように表示する事はできたが、それ以降は測定器

                       

                      を必要とするので、一先ず半完成 後はこれの増幅回路は必要になる

                       

                      出来たDDS はこれだ

                       


                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM