室内で心肺機能を上げる

2019.07.06 Saturday 20:50
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    有酸素運動は色々なメリットがあるが、

    • 心肺機能が高まる(心臓・呼吸筋の強化)
    • 血管の柔軟性が高まり、高血圧の緩和が期待できる
    • 脳への刺激とアイデアがひらめきやすい等の良い影響がある
    • 骨への適度なストレスによって骨が強化される
    • 基礎代謝量がアップし、新陳代謝が促される
    • 体脂肪を燃焼させる
    • 不安や抑うつ感を軽減する 

    とされている20分以上有酸素を続けないと効果はないと言われていたのも最近では

     

    否定されています。 たとえ5分でも10分でも積み重ねがだいじであるとされています

     

    新常識に変わっています。

     

    ストレッチでも呼吸を意識してやれば立派な有酸素運動となる。

     

    体力要素の一つである筋肉の柔軟性が良くなることが期待できます。

    柔軟性が良くなると肩こりの改善や腰痛の緩和といった筋肉のコリからくる身体の症状を軽減

     

    させるだけではなく、血行が良くなることで冷え性やむくみ改善などにもつながる。

    ストレッチの効果をより高めるポイントとし行うとよい。

    • 伸ばすときに大きく息を吐くようにする
    • 吐ききった後は自然な呼吸を行い、息を止めないようにする
    • 伸ばそうとする筋肉に意識を集中する

    ストレッチを行っているときは、伸ばそうとする筋肉が緩んでいることが大切です。体全体ができる

     

    だけリラックスした状態で、呼吸を止めずに行うようにしましょう。

     

    これを続けるだけでも身体がポカポカと温かくなったり、じんわりと汗をかいたりと、その運動効果を

     

    実感することができる。

     

    毎日やってっると、72歳の小生でも十分できるようになっていますよ!

     

     

    吐くことを意識して伸ばそう

     

    category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM