本郷町の被災地へ

2018.07.09 Monday 19:28
0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    9時半三原市本郷町船木へ所要で出かけるが、普段は30分少々で着くが、今回意外と早く

     

    1時間少々で着いた。もっと時間が係ると予測してたのだが

     

    少しだが水と飲み物を持参、既に大分家の片付けが済んでいたが、大きいものは残っていた

     

    のでそれらの持ち出しを手伝ってきた。

     

    しかし、今回は想定外だったと言ってたが、正に実感 自分の身のたけ位の水位の後が残って

     

    いました。今まではよく上がっても玄関の中までは水が入った事がないとのことでした

     

    電波教室で使う予定であったラジオ教材と工具は全て水没して泥が入り込んでいた為、それを持ち

     

    帰り水洗いし、ほぼ使えるようにした。

     

    11時半頃帰路についたが、行きよいよい帰りは怖い なんと帰宅した時は午後2時過ぎでたっぷり

     

    2時間半 途中木原町では山から流れ出た石が山陽線を塞ぎ、電車はストップしたままで補修も

     

    行われていませんでした。また、尾道で死者が出た崖崩れの現場では自衛隊や多くの消防車両が

     

    見られその後の対策を取っているようでした。

     

    しかし今回の雨被害は中国地方だけで100人を超える死亡者がでる大きな激震災害でしたね

     

    尾道で大雨により死者が出たのは昭和の40年代の台風で死者5名が出た時以来ではないだろうか

     

    当時消防団に所属しており3日間ほど対策に当たった覚えがありますがいずれにしても災害はいや

     

    ですね 中国地方梅雨が開けた模様だとか言ってましたが、本当かな?

     

    この写真の状態から今日はすっかり水は引いていました。

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM