電池革命

2018.06.21 Thursday 19:30
0

     

    近年、Aiと組み合わせて自動車は確実に進歩して来ています。

     

    その中で、EVのみの自動車も出始めていますが、これには大きな問題があるようです。

     

    日本の自動車メーカーは水素等を取り得れたエンジンと燃料電池を含めた車が開発されています

     

    お隣中国ではあまりにもスモッグが多い為電気自動車を推奨していますが・・・

     

    電気自動車は電池で動いていますが、その電池は電気で充電される訳ですが、その電気は44%が

     

    石炭で作られていて現在逼迫しているという 

     

    また電池は未だに鉛バッテリーが多く使用されています。日本では軽量で大容量のリチューム電池が

     

    開発され今では世界中の飛行機には日本のリチュームバッテリが使用されています。

     

    がこのリチューム電池にも限界が来ていて、今兵庫県の小さな企業で冨士色素株式会社グループが

     

    これまでの技術の更に新開発がされて居り更に大容量で安価に出来る空気電池が既に開発され

     

    ています。量産化にはしばらく掛かりそうですが、さすが日本の企業!

     

    今は大手と取り組んでいるようです。https://www.gsalliance.co.jp/

     

    今後の発展を期待したいですね

     

    category:経済 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM