食品の安全について

2018.06.15 Friday 17:02
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    今朝新聞を視ていて下の宣伝広告の場所に目が移りが毅然とした。

     

    日本では食品に関しては世界でも一番厳しく扱っていると思っていた小生にとっては

     

    ショックは大きいです。

     

    雑誌週刊新潮の記事が載せられていて、国内で食べててはいけない国産食品実名リスト と

     

    記されていて気になり早速ネットで検索 正に有りました!。

     

    それは「有害物質パン」という表記である。これにはトランス脂肪酸が含まれていて、世界的

     

    にはほぼ使用禁止になってきている食品でありその中には、多く含まれているマーガリンである。

     

    日本は摂取基準値などの規制が一切ないときているのだから恐ろしすぎます

     

    大手メーカーの山崎パン、タカギベーカリーなど実名で表記されている

     

    アメリカでは事実上マーガリンなどトランス脂肪酸が含まれている物は「有害物質」として認められ

     

    ているようですが日本に関しては全くそういった意識すらなく、国も少し考えてほしいものである。

     

    心臓疾患、がん(乳がんなど)、認知症のリスクを高めることが判明しています。

     

    それ以外にも、糖尿病、うつ病、女性の不妊症、子宮内膜症、流産などとの関係も指摘されています。

     

    また万病になるレトルト食品 全66商品やカレーハンバーグ、餃子、冷やし中華などは血圧がうなぎのぼり

     

    に成るとか記されている。全てが真実ではないにしても手軽で簡単に食材として取り入れている我々は安易

     

    に購入し食している訳であり今後少し見直しが必要ではないだろうか!

     

    安心して食べられるには、中身を知っているかどうかに係ってくる気がする

     

    これらを踏まえて自分で作るしか無いかなあ!

     

     

    category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM