株価下落は何時まで続く?

2008.09.30 Tuesday 17:14
0
    今日30日の東京株式市場では日経平均株価は大幅に4日続落である。引けは前日比483円75銭安の

    1万1259円86銭。これは2005年6月9日以来、約3年4カ月ぶりの安値を付けた。

    米下院による金融安定化法案が可決と思ったが裏目の否決をきっかけとした金融危機の深刻化で29日

    のニューヨーク・ダウ工業株30種平均が過去最大の下げ幅を記録したことから、東証1部はほぼ

    全面安となる。外国為替市場では円相場が急伸したため、トヨタやソニーなどが年初来安値を更新

    東証1部の新安値銘柄数は487と今年度最多に膨らんだ。

    欧州の金融機関の一部国有化など、金融危機が米国以外に飛び火したことも投資心理を一段と冷や

    したようだ。こういった状況下で小生の買っていた株、26日株コード番号がスクリーンから消えた

    状況を証券会社に問い合わすと、どうやら生き残りをかけ合併作業に入った模様で10月1日に再び

    上場の模様、先ずは安堵したのである。一瞬紙切れになったのではと驚愕したものだ。

    政府新麻生内閣案では3年以内に景気を回復させると謳っているが、果たしてどう出るかは政局次第

    現状では日経平均も一万円割れってことに成りかねない気がする。

    選挙どころの話ではないはずなんだがなあ!

    category:経済 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM