2匹の猫

2017.06.08 Thursday 20:24
0

     

    昨日から飼っている2匹の雌ネコ、近くの動物病院へ避妊手術のため一泊

     

    身近にいるはずの猫がいないのも何処か寂しさを感じる

     

    いつの間にか家族の一員という感じがする

     

    午後3時過ぎに帰ってきたものの、やはり2匹とも元気がない そりゃそうだろうお腹に大きな

     

    縫った後があり、しきりに周辺をなめている。

     

    何時もは近くに寄って来るが今日は寝ている時間が長い様子

     

    明日はどうなんだろうな?

     

    category:我が家の猫 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

    我が家に子猫2匹

    2016.12.19 Monday 20:15
    0

      JUGEMテーマ:今日の日記

       

      我が家に猫がやってきて早3日経過、子猫一匹だったのが次の日は2匹になっていた。

       

      昨年白い猫がいたが猫にもある白血病で弱りきって死亡した。

       

      それが、今度は2匹 大丈夫かな?

       

      今まで我が家も家族の増減はあるものの、今4名であり若干家の中で寂しい気もあったのだが

       

      子猫が入ってきた事でみなが猫の話題 悪くはない

       

      子猫を相手に遊ぶ自分も一日に何度かあるようになって、気分転換にはいい

       

      ある家を訪問して所謂、猫屋敷(10匹)?をつぶさに見たが、あのようには成りたくない気はする

       

      なんとなく家そのものも匂いがする。飼っている人たちにはもう慣れているのでしょうね

       

      2匹いるが、やはり夫々の個性があるみたいで面白い

       

      category:我が家の猫 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

      飼猫の死亡

      2015.11.25 Wednesday 19:32
      0
        JUGEMテーマ:病気と闘う猫

        我が家に孫が拾ってきて約1年と半位暗いでしょうか?

        いつも家族の周りをウロウロしていたのですが、何度も色々なことで入退院あしていたが約2ヶ月前

        随分と元気がなく動物病院へ行くと猫の白血病と告げられた。

        今まで数回、点滴には通っていたが樹医の薦めで自然死をすることを選択

        食事も取ることをしなくなり、徐々にやせ細っていくのは見るに耐えないようだったが、それでも

        我が家周辺をウロウロしていて、最後は家の外へ出して欲しい様子であったのだが。あえて出さな

        かったのである。昨晩は体を持ち上げる力もなくなったようで死が近い様子であった

        今までは呼べばまだしっぽだけは降っていたがさすがそれもしなくなってしまったのである。

        息も荒くなり頭をも上げる気配もなくなった。

        動物は飼い主に死に目を出来るだけ見せたくないと自然に何処かへ行く習性があるのだがそれも

        叶わなかったことになる。

        以前、ヒラニヤにやにかかっていた犬は首輪を外してやっていたらいつしか何処かへ消えた例が

        あった。恐らく猫も同様なのだろうが・・・

        今朝方まではなんとか持ち堪えていたのが、とうとう息絶えてしまった。

        やっぱり可愛がっていただけに可哀想である。拾ってきた孫 名古屋から帰ってくるらしい

        その後火葬にする予定だ。最近ではお経も上げてくれるとか・・人間とおなじだなあ!

        骨壺まで有るらしいのだがドウなんでしょう??

        昔はそこらの空き地へ埋めていたような気がするのだがな

        やっぱりいなくなると、駆けまわって遊んでいたのが思い出され寂しくなるね

        痩せて動かなくなった様子



         
        category:我が家の猫 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

        猫の白血病

        2015.09.19 Saturday 19:48
        0
          JUGEMテーマ:病気と闘う猫

          一昨日昼近くまで小生の足元をうろうろしていたが、夕方突然に大息をしだしてぐったりする様子

          が見られ、直ぐ近くの動物病院へ連れて行くとその場で速入院処置となってしまいました。

          翌日電話で白血病にかかっているということである。

          え! 猫にもそんな病気はあるのかと疑ったが何でも、その動物病院には同じような猫が何度か来た

          というのである。なんでも子猫の時に感染していたのだろうという

          地域的に多く発生している場所から、我が家の子猫も孫によって拾われてきて我が家の住人になって

          いるのだが、一度は足を車に引かれて大怪我をして入院約一ヶ月半というのがあった

          その後もうあまりあちこちでなくなったので大丈夫だと思っていたが、なんと今度は病気かいな

          今のところ抗がん剤で処置しているらしく、2日目夕方返ってきたがどうも、これからは延命処置

          する方向で数日おきに通院となるようである。

          やっぱりいなくなると寂しいもので、完全に家族の一員となっている気がする

          帰ると猫用フードしか食べないので高級品のフードを与えたらよっぽど腹が空いてたのか上手そうに食べていた

          食べ終わるとすぐに外に出たがるのだが、今夜は外出禁止だ

          あちこちうろうろしていたが、諦めた様子でようやく落ち着いたみたいである。

          明日は出してやろうと思う。 延命してさてどれくらい持つのだろうか?

          過保護だなとは思うがやっぱり、家族みんなが心配する癒しの猫なんだよな

          category:我が家の猫 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

          Calender
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>
          Selected entry
          Category
          Archives
          Recent comment
          Recent trackback
          Link
          Profile
          Search
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM