足上げ効果

2019.07.16 Tuesday 19:11
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    足のむくみが何時までも続く事で対策方法を考えていて、足を上に上げ事で血流を改善

     

    できると考え1週間ほど前から最近では、思いついたときには直ぐに実践している

     

    水分を減すことは、最近はあまり守られてはいないが、寝たままで足を上げ少なくとも10分

     

    間程度はそのままの状態を維持する。その時両手がものすごく熱く感じられると同時に顔も

     

    どういうわけか熱く感じるようになってくるので不思議だ

     

    足に流れていた血流が良くなっているのではないだろうか? その後は足元に扇風機の風が当

     

    っていても冷たくならないのである。

     

    ネットで調べてみたら、足のむくみをやわらげる。神経系を落ち着かせる。消化器官を改善する

     

    心を落ち着かせるなどヨガの世界でも重力を利用して生命活動を支える循環システム全体に対する

     

    重力を逆転させ、リンパの停滞や血液不良を改善するとともに、人体内における根源的な生命エネ

     

    ルギーを上向きに流す事で心と体を修復させるとされていた。

     

    これは続けて行きたい一つになったようです。

     

    category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

    絶食療法の科学

    2019.07.09 Tuesday 19:49
    0

      JUGEMテーマ:健康

       

      Youtube を視ていて、以前船瀬俊介氏の進める一日一食の本を読んだことが有りました。

       

      それそり更に進んだ絶食することで様々な健康効果、病気の治癒につながる事が視る事

       

      出来ます。

       

      まず日本では利権が絡みまず無理なやり方でしょう。ドイツは公的機関の病院で絶食

       

      療法を行ってすでに10年以上経過しているそうです。

       

      ただ日本では医療機関ではない場所で実施しているところがある事は以前何かのTV報道

       

      だったと思いますが有りました。

       

      この療法は、日本では国の政策にするにはまず無理だろうとと思います。

       

      以下URLに絶食治療のyoutube動画があります。かなり長い動画なので時間の有る方は

       

      ゆっくりご覧下さい。

       

      https://www.youtube.com/watch?v=oA-eI2WQLRU

       

      category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

      血圧の変化

      2019.07.08 Monday 20:44
      0

        JUGEMテーマ:健康

         

        足のむくみが有ることから、本から得た水分を減すと言う事を初めて今は以前と比べると

         

        それに伴う運動も始めた事から、今ではびっくりするくらい血圧は下がり、今では最高で

         

        130以下にはなりました。

         

        色々血圧を下げる対策をしてはいましたが、これが一番よかったし即効性ガ見えた。

         

        医者に掛かる前に是非皆さんも実践してみて下さい。

         

        寝る前とか、朝起きた時など壁に足を直角に20分くらい上げて血流改善をする。

         

        すると、寝ている状態で手のひらがじんじんするくらいに暖かくなるなど変化がみられる

         

        腰を中心に柔軟体操を行っている事からこれも、血流をよくする要因なんだろうと思う

         

         

         

        category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

        井戸水不純物は

        2019.07.07 Sunday 20:53
        0

          JUGEMテーマ:健康

           

          ウオーターテスターという水の不純物濃度をチェックするものがあります。

           

          これで、市水道の水と我が家の庭に幕だけの使っていない井戸の水をそれぞれチェック

           

          してみました。結果

           

          市水道はこの計器で73ppm ,井戸水は88ppmとなりました。この計器の表示は50〜100ppm

           

          までは軟水という表示範囲にはいっていました。

           

          100ppm以上は硬水となるみたいで井戸水については煮沸すれば問題はないと思われます。

           

          そのまま飲むと大腸菌など入っている可能性もある。

           

          また、最近は水道水しか飲まないので、外国へ出かけた時と同じようにお腹を壊す可能性はある

           

          のではないかと思います。

           

          以前父親が水道水が引かれるまで、また自分もこの井戸水を飲んでいましたので当時はそれで

           

          慣れていた為問題はなかったと思うが、父は以前ピロリ菌で胃を壊したことがあった事から

           

          やはり少しは問題があるのでしょうね。

           

          中央の新芽はアボガド周辺は大ナツメの新芽です

           

           

          category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

          室内で心肺機能を上げる

          2019.07.06 Saturday 20:50
          0

            JUGEMテーマ:健康

             

            有酸素運動は色々なメリットがあるが、

            • 心肺機能が高まる(心臓・呼吸筋の強化)
            • 血管の柔軟性が高まり、高血圧の緩和が期待できる
            • 脳への刺激とアイデアがひらめきやすい等の良い影響がある
            • 骨への適度なストレスによって骨が強化される
            • 基礎代謝量がアップし、新陳代謝が促される
            • 体脂肪を燃焼させる
            • 不安や抑うつ感を軽減する 

            とされている20分以上有酸素を続けないと効果はないと言われていたのも最近では

             

            否定されています。 たとえ5分でも10分でも積み重ねがだいじであるとされています

             

            新常識に変わっています。

             

            ストレッチでも呼吸を意識してやれば立派な有酸素運動となる。

             

            体力要素の一つである筋肉の柔軟性が良くなることが期待できます。

            柔軟性が良くなると肩こりの改善や腰痛の緩和といった筋肉のコリからくる身体の症状を軽減

             

            させるだけではなく、血行が良くなることで冷え性やむくみ改善などにもつながる。

            ストレッチの効果をより高めるポイントとし行うとよい。

            • 伸ばすときに大きく息を吐くようにする
            • 吐ききった後は自然な呼吸を行い、息を止めないようにする
            • 伸ばそうとする筋肉に意識を集中する

            ストレッチを行っているときは、伸ばそうとする筋肉が緩んでいることが大切です。体全体ができる

             

            だけリラックスした状態で、呼吸を止めずに行うようにしましょう。

             

            これを続けるだけでも身体がポカポカと温かくなったり、じんわりと汗をかいたりと、その運動効果を

             

            実感することができる。

             

            毎日やってっると、72歳の小生でも十分できるようになっていますよ!

             

             

            吐くことを意識して伸ばそう

             

            category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

            歩くよりスクワット

            2019.07.04 Thursday 20:11
            0

              JUGEMテーマ:今日のスポーツ

               

               

              よく一日1万歩あるくと色々の健康効果が有るとされているが、科学的な根拠は何処にも

               

              ないそうである。アメリカの研究機関で調べた結果4000歩以上7500歩までで様々な

               

              効果が見られたという結果論

               

              どこでも進めるこの歩くという動作について調べてみたら、どうも有酸素運動することにより

               

              色々効果ガでるとのことである。

               

              本屋さんで立ち読みした時に、スクワットは歩く効果の何倍もあるというものでした。

               

              ならスクワット効果はどうかこれも調べてみた。

               

              どうでしょう! 確かに有酸素運動であり歩く動作よりかなり多くの効果が記されている

               

              有酸素運動に限らず、筋肉を肥大させることは基礎代謝を向上させる

               

              有酸素運動で最も大きなメリットとも言えるのが、脂肪燃焼効果(ダイエット効果)。


              有酸素運動でイラつきも減りストレス解消につながる

               

              有酸素運動は心肺機能に深く関わっていて運動不足な方と日頃から有酸素運動を取り組んでいる

               

              かたは、同じ体重だったとしても、息切れになる速さは運動不足の男性が圧倒的に速くなる

               

              有酸素運動は、20分未満でも脂肪燃焼の効果を期待できます。

               

              20分という時間に左右されずに、楽しみながらトレーニングに取り組むこと

               

              スクワットは膝が痛い方は最初は苦痛でしょうまた、病的に軟骨がすり減ってる方には

               

              回数も少しづつでいいと思います 筋肉が周辺に付く事で改善されるみたいですよ。

               

              高齢者には歩く事よりこのスクワットを私は勧めますね。これも一日30回以上はおすすめ

               

              で一度にしなくても3階に分けてでも。苦痛にならなくなったら回数を少しづつ増やせば

               

              ダイエットにもつながり最高なんですが・・・・

               

               

               

               

              category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

              サプリメントの大半は!

              2019.07.02 Tuesday 16:52
              0

                JUGEMテーマ:健康

                 

                2日ほど前からこのテーマだが、実は小生も分けのわからないサプリメントを今まで愛用していた。

                 

                効くと思って使用しているから効いてるつもりになっている?

                 

                H24年に東京都が行なった「健康食品試買調査」によると、健康食品売り場での購入では45品目中

                 

                29品目に、ネット通販では80品目中78品目に不適正な表示広告だったそうです。

                 

                ある大手企業がサプリに新規参入しようと、市販のサプリをいくつか買い2つのことを調べた結果。

                 

                1つはパッケージに記載された栄養素が確かに含まれているか、ともう1つは崩壊試験といって胃の中に

                 

                入ったときちゃんと溶けて崩れるかで、サプリも医薬品も胃の中で溶けなければ吸収できない。

                 

                医薬品は溶けるスピードの基準がきちんと設けられているが、サプリは食品扱いのため基準がない。

                 

                結果は、栄養素は記載どおりに入ってる方が珍しいぐらいだったそうだ。

                 

                多くが記載値以下で崩壊試験は溶けないものがたくさんあり有効成分がちょっぴりしか入ってなく、

                 

                しかもそれさえも溶けないので吸収されないものだったそうです。

                 

                そこで得た教訓テレビ通販は買ってはいけない


                製品の売上をテレビ局が60%取り、20%を番組の企画会社が持っていくようで1万円のサプリなら、

                 

                2000円がメーカーの取り分。となれば原価はいくらなのか?。

                 

                メーカーは欠品は絶対にNGといわれ大きな在庫を準備し、売れ残るとメーカー持ちとなる。

                 

                そうなると売れ残っても赤字にならないよう原価を落とす。1万円の商品価格に対し原価は数百円レベル

                 

                何度も何度も言葉匠に誘導され洗脳する方法で今から30分限定

                 

                とんでもない嘘 何時でもネットでそれ以下で入手できる

                 

                ただ一つ医薬品表示のあるものについては、それなりの効果はあるようです。今後は宣伝に迷わされ

                 

                ないように・・・、良い教訓になりました。

                 

                category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

                栄養ドリンクは効く?

                2019.07.01 Monday 19:11
                0

                  JUGEMテーマ:健康

                   

                  ある書物に栄養ドリンクに付いて書いて有った事に非常に興味がありました。

                   

                  その内容はこうです。

                   

                  中に含まれている「糖分」により血糖値が上がり、元気になったように感じるという物

                   

                  所謂、プラシーボ効果でしょう。

                   

                  ドリンクの中には20g(3gのスティックシュガー7本分)の糖分が入っていて即効性がある。

                   

                  眠気がなくなってシャキッとするのはカフェインの作用。ドリンク剤にたいてい50mgのカフェイン

                   

                  がはいっている。インスタントコーヒー100mlのカフェイン量は60mg。

                   

                  要するにドリンク剤の作用は砂糖を入れたコーヒーと変わりなく、栄養ドリンクは保存料などの

                   

                  添加物もはいっていて、体にはコーヒーよりは悪影響であるとされている。

                   

                  タウリン1gはイカやタコの刺し身でも食べれば簡単に摂れるとされているのである。

                   

                  要するに、プラシーボ効果そのものである。

                   

                  効くと思って飲んでいるからその気分になるのだろう!

                   

                   

                   

                  category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

                  壁への「足上げ」の健康効果

                  2019.06.29 Saturday 16:34
                  0

                    JUGEMテーマ:健康

                    風呂から上がって、寝る前の体操?と言えるのかストレッチを行って寝ると結構良く

                     

                    寝られます。

                     

                    最近一つ付け加えたものに「足上げ」これを行うきっかけに成ったのは、足のムクミ

                     

                    を解決させる目的だったのですが、これをネットで調べたら随分と良い効果が得られ

                     

                    る事がわかりました。

                     

                    体の血行を上げ、滞ったリンパの流れを解消するだけでなく、十分なメリットを得る

                     

                    ためには、足を上げた体勢を15分から20分間は維持することにより以下の様な効果が

                     

                    得られるようです。

                     

                    1.足のむくみをやわらげる  2.足の疲れを解消する 3.神経系を落ち着かせる
                    4.消化機能を改善する 5.心を落ち着かせる


                    などヨガにおける目的は、重力を利用して、生命活動を支える循環システム全体に対する

                     

                    重力の影響を逆転させ、リンパの停滞や血液不良を改善するとともに、人体内における根

                     

                    源的な生命エネルギーを上向きに流すことで心と体を修復させる。

                     

                    簡単な方法なので是非やってみて下さい。15〜20分と言えば随分長いので5分でもいいと

                     

                    思いますよ。 

                     

                     

                    category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

                    血圧の基準値が・・・

                    2019.06.28 Friday 19:25
                    0

                      JUGEMテーマ:健康

                       

                      健康な高齢者の140〜150mmHgと修正された?そうです

                       

                      1987年の高血圧の基準値は180mmHgだったそうです。これが一気に50mmHgも

                       

                      引き下げられて130mmHgと下げ高齢者に降圧剤をのまされていた。

                       

                      一度医者にかかれば一生飲まされることになる。医療費を抑えろという意に反した制度

                       

                      年をとるほどけ硬くなり補足なる為血液を強く送り出すために圧は強まる必要がある。

                       

                      その意味では血圧の高い高齢者のほうが低血圧の人より体が強く元気であるといわれています。

                       

                      寿命も長くなるはずで、実際にデーターもあるという

                       

                      海外で高齢者を対象に血圧が180位上の人が降圧剤を飲まない状態で軽易を調べた調査があり

                       

                      血圧が140を切る高齢者より180位上の生存率のほうが高いというデーダーがあるそうです。

                       

                      心臓はよくよく考え、自分のベストな状態に保つため努力していて、それは体温でもコレスト

                       

                      ロールの量でも尿酸値でも全て「体が適正にコントロールしている」とのこと

                       

                      ゆえ数式が「年齢+90」で正しいかどうかは不明だそうだが、一律130は高齢者には不向き

                       

                      であることは確かである。

                       

                      意に反するかも知れないが、水分補給もほどほどにしたことにより血圧が120前後になったのは

                       

                      事実で、また毎日のストレッチで柔軟な体になった事もプラスされたのではなかろうか?

                       

                      開脚ほぼ170度近くまで出来るようになりまた、スクワットは毎日欠かさず実施している事も

                       

                      相乗効果かも知れない。薬に頼らない見事な改善方法だった。

                       

                      塩分の取りすぎという事も間違った健康常識であるといわれてます。これについてはまた後日

                       

                      記したいと思います。

                       

                       

                      category:健康 | by:cshcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM